週刊ベースボールONLINE

特集・チームに変革をもたらす男

中後悠平(ダイヤモンドバックス・マイナー) 戦力外通告を受けながらも夢の舞台を目指す男

 

戦力外通告を受けた選手が、プロ野球の場に戻ってくる確率は非常に低い。だがその中で、メジャー球団からスカウトされ、マイナー契約を結び、9月にはメジャー昇格目前まで行った選手がいる。それが昨年ロッテを戦力外となった中後悠平だ。マイナー契約を結ぶまでの経緯や、アメリカでの活躍ぶりを語ってもらった。
取材・構成=椎屋博幸、写真=BBM、Getty Images


結果も必要だがもう一度楽しい野球をする


昨年のトライアウトで中後は打者3人に対して2四球、1死球という最悪の投球だった。しかし、変則型の左サイドスローは希有な存在ということもあり、メジャー球団のダイヤモンドバックスが声をかけた。「君が必要」という熱い誘いに、中後の選手としての本能が呼び起された。

昨年のトライアウトでは2四球、1死球という最悪の内容で、プロ野球復帰の道は絶望的だった。しかし、メジャーのスカウトは違う視線で中後を見ていた


 今はいつクビを切られてもおかしくないマイナー5年契約です。それもマイナーの最低年俸で、結果を残さなかったら終わりです。そういう契約の中で、1年間野球をすることができました。

 昨年、ロッテを戦力外となり、トライアウトを受けたのですが、結果が悪くオファーはないかな、と思っていました。でも、その後BCリーグの武蔵と契約を結びました。そこで結果を出し、なんとかNPBに復帰しようと考えていました。

 でも、契約した後にメジャー球団のアリゾナ・ダイヤモンドバックスからオファーが来ました。最初、電話がかかってきたときは「は?」という感じだったんです(笑)。

 もともとアメリカには興味がまったくなくて。それに会話もできないから、アメリカに行きたくないし……ということで、ずっとオファーを断っていたんです。武蔵と契約をしていたので、それを断るというのはいけないな、とも思っていたんです。

 それでもスカウトが話をしに来てくれて、いろいろ聞いているうちに、行ってみたいな、という気持ちになりました。

 その理由は2つあります・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング