週刊ベースボールONLINE

2016年プロ野球記録集計号

RF(レンジファクター)で見るポジション別“守備力No.1” 真のゴールデン・グラブは誰だ!?

 

発表後、毎年のように異論を含めた議論が巻き起こるゴールデン・グラブ賞。ここでは2016年の受賞者を含め、RFという守備指標で真の“守備力No.1”を探っていく。

異論も出た今宮のゴールデン・グラブ獲得。“遊撃は今宮”という先入観はなかったか


RF(レンジファクター)とは?
RF/9=(刺殺+補殺)÷守備イニング数×9
 上記の計算式で算出される「アウト寄与率」。投手の奪三振数に左右される面はあるものの、「同一リーグ内の同じポジションの選手同士の比較」としては有効な指標。「守備に就いたイニング数」に占める「取ったアウト数」の比率によって守備力を比較するため、守備範囲が広ければ数値は大きくなる傾向にある。

 真の“守備力No.1”は誰か――。守備力は簡単に数値化できるものではないため、毎年のようにゴールデン・グラブ賞には「印象だけで選ばれているのではないのか」という疑問や議論が生じる。そこで今回は「RF=レンジファクター」を用いて、2016年シーズンに守備で輝いていた選手を探っていく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング