週刊ベースボールONLINE

2016忘れられない、 この一戦
忘れられないこの一戦・阪神 違う背番号でのデビュー
忘れられないこの一戦・阪神 違う背番号でのデビュー

 

今季はセ・リーグ、パ・リーグ合わせて858試合、そしてポストシーズンは20試合が行われた。試合の数だけドラマはあるが、ユニフォームを着て戦っている一投一打に情熱を燃やす者にはそれぞれ忘れられない一戦がある。12球団の選手、コーチ、裏方38人に聞いた、忘れられない、この一戦――。
写真=BBM

其の一


【評】6回までに巨人が10点を奪う中、支配下登録された原口文仁が5回に代打で登場し、そのまま守備に就き、8回にはプロ初安打を放った。背番号「94」が間に合わず山田勝彦二軍コーチの「82」を背負ってプレーした


原口文仁捕手
「支配下登録になったその日に試合に出させてもらって、頭真っ白な中で何とかやれたというか。ヒットも打て、守備に就くこともできたので本当に思い出深い。緊張感のある中、ファームでやってきたことを出せて、その後につながったと思います。あの日を忘れないようにやりたいと思います」

其の二

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング