週刊ベースボールONLINE

新年特別企画

活躍必至のヒーローたちが綴る2017年の誓い

 

選手たちのほとんどが、早くも新シーズンへ向けスタートを切っている。納得のいくシーズンになった選手も、悔しい思いをした選手も再び同じスタートラインに立ち、新たな目標に向かっていく。ここでは12球団の各選手たちに新年の抱負を絵馬にしたためてもらった。2017年、活躍が期待されている彼らが綴つづる決意とは。
写真=BBM

オリックス・山岡泰輔 大きな期待を背に



 小さな背中に大きな期待が寄せられている。東京ガスから2017年ドラフト1位でオリックスに加入した右腕。身長172センチ、体重68キロと小柄ながらキレのあるスライダーを武器に、先発ローテ入りが期待されている。「体が小さくても活躍できることを証明し、子どもたちに夢を与えたい」。背番号は「角ばった番号だと番号が大きく見えてしまうので。丸っこい番号を選びました」と『13』を選択した。

 ルーキーイヤーの目標は「開幕先発ローテ入り」、さらに「シーズンを通して活躍する」こと。「1年間、一軍で投げ抜ければ自ずと結果はついてくる。一生に一度しかチャンスがないので“新人王”も目指したい」。エース・金子千尋西勇輝、ディクソンの先発3本柱に割って入り、先発陣をさらに強固なものへ。ドライチ右腕が1年目から果

ヤクルト・寺島成輝 1年目から柱として期待!

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング