週刊ベースボールONLINE

2017プロ・アマ球界大展望

【日本人メジャー展望】 ワールド・チャンピオンを獲得するのは誰だ!?

 

2016年はカブスが108年ぶりの世界一に輝いた。17年、カブスは抑えに上原浩治を獲得し109年ぶりの2連覇を目指す。果たして連覇を阻止するチームはどこか!?日本人メジャーでは、田澤純一はマーリンズ、青木宣親がアストロズに移籍した。ここではメジャー・リーグと日本人メジャー選手たちの17年を占っていく。(展望は日本人メジャー・リーガー所属地区のみ)
文=樋口浩一、写真=Getty Images


ナ・リーグ東地区編 イチロー&田澤純一(マーリンズ)


■ナショナルズとメッツの2強は変わらず

 ナショナルズとメッツが2強となりそうだ。ナショナルズはシャーザー、ストラスバーグ、ゴンザレスとそろった先発投手陣や、ハーパー、マーフィー、ワースの主力打者陣が充実している。メッツは先発、救援とも投手陣が安定。FAになったセスペデスとの再契約に成功して攻撃力も保っている。

17年も4番目の外野手としてチームの勝利への貢献が求められるイチロー。その中で何本の安打を積み重ねられるか楽しみだ


 面白いのはマーリンズ。才能ある若手がひしめく。9月にボートの事故で急死したエースのヘルナンデスの穴を埋めるべく、ロイヤルズをFAになったボルケスを補強。44歳の年を迎えるイチローは外野の4番手としてチームに貢献することになる。またレッドソックスからFAになった田澤純一が加入。経験を生かして救援陣を支える。フィリーズはフランコ、ジョセフ、ガルビスといった若い強打者を中心に再建を図る。ブレーブスは新球場サントラスト・パークで新シーズンに臨む。

自身初の移籍で初のナ・リーグでのプレーとなった田澤。中継ぎの経験は豊富なだけに、マーリンズの若い投手陣の精神的支柱になるはずだ



ナ・リーグ中地区編 上原浩治(カブス)


■抑えの上原加入で連覇を狙うカブス

 108年ぶりのワールド・シリーズ制覇を遂げたカブス・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング