週刊ベースボールONLINE

2017WBC対戦国情報

侍ジャパン1次ラウンドのライバルたち

 

大会主催者から各国の登録メンバーが発表され、侍ジャパンの前に立ちはだかるライバルたちの陣容が見えてきた。ここでは3月7日からの1次ラウンド・プールBで戦う3カ国について、要注意選手を中心に紹介しよう。
POOLB/3月7日〜12日@東京ドーム


キューバ 赤い彗星が13年のリベンジ狙う


WBC世界野球ランキング3位、日本vsキューバ=3月7日19時

 1次ラウンドで日本が最も注意を払うべき相手だろう。第1回大会では決勝で日本と対戦するなど、世界の野球強国の1つだが、前回大会は1次ラウンドで日本に勝利しながら、2次ラウンドでオランダに連敗して姿を消しており、今大会での上位返り咲きを狙っている。

 とはいえ近年、有力選手の亡命が相次ぎ(彼らをチームに呼び戻す特別な規定が検討されるとの情報もあったが、今回は適用されない)、特に投手陣はタレント不足が否めない。エース格は各年代別代表でも主戦を担ったフレディ・アルバレスや150キロ超右腕のブラディミール・ガルシアが中心で、爆発力はなさそうだ。

 攻撃陣もグリエル兄弟などの亡命で迫力に欠く。ソフトバンク入りが決まり、日本での実績十分なアルフレド・デスパイネには注意が必要だが、4大会連続出場で今年37歳を迎える“至宝”フレデリク・セペダ(元巨人)を代表復帰させるくらいだから、苦しい事情が見て取れる。とはいえ無名ながらもポテンシャルを持った・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング