週刊ベースボールONLINE

菊池涼介は史上最高のセカンドか?

“日本にKIKUCHIあり!”MLB関係者が語る菊池涼介の可能性

 

WBCでの活躍で、メジャー関係者がその守備を絶賛したと伝えられているが、実際のところはどうなのか!?メジャー現役選手とスカウトたちに直撃。さてMLBでの真の評価とは?
文=奥田秀樹、写真=Getty Images

目の前で菊池のスーパープレーを見せつけられた守備の名手でオランダのショート・シモンズは、菊池の才能を高く評価し、メジャーでも十分に活躍できると語った/写真もオランダ戦


 WBCオランダ代表の遊撃手で、エンゼルスのアンドレルトン・シモンズはメジャー屈指の守備の名手だ。その彼が、球場ダグアウトで菊池涼介の守備について目を輝かせた。

「キクチは素晴らしいプレーヤー。(2次ラウンド初戦で)オランダが日本に負けたのは、彼が大きな理由だったと思っている。ザンダー・ボガーツのセンターに抜ける打球に追いついて、グラブトスしたプレーには目を見張ったけど、あれだけじゃない。守備範囲は広く、すべての動きがトップレベル。打撃は多くは見られなかったけど、守備に関してはメジャーでも特別な腕前だと思う」

 お世辞ではない。「GOD HAND」と敬意を込めて呼ばれたボールさばき。RYOSUKE KIKUCHIの名前は彼の脳にも刻み込まれた。ではメジャーで実際に活躍できるか?

「それは実際にこっちに来て毎日プレーしてみないと分からない。ただ、WBCで対戦した感じでは彼ならやれると思う。打撃もアメリカ戦で本塁打を打ったよね。(体は小さいが)関係ないね。アストロズのホセ・アルトゥーベは170センチもないくらいだけどあれだけ活躍し、相手にとって本当に手強い。キクチもそうなる可能性がある。良い選手は体のサイズに関係なくプレーするんだよ」

 WBC前、メジャースカウトの評価は、守備は素晴らしいが、打撃では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング