週刊ベースボールONLINE

球場特集2017
横浜スタジアム 東京五輪の会場としてさらなる進化 SINCE 1978
横浜スタジアム 東京五輪の会場としてさらなる進化 SINCE 1978

 

 1978年に誕生した横浜スタジアムは、老朽化した横浜公園平和野球場の解体と同時に、新球場として横浜公園内に建設された。同地では、戦前の1934年にはベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらの大リーグ・オールスターと全日本チームが対戦するなど日本の野球史が刻まれている場所でもある(当時は横浜公園球場)。終戦後は進駐軍に接収され一時はゲーリッグ球場を名乗り、日本初の夜間照明塔を備えていた。48年には日本初のプロ野球のナイターが開催されている。

 78年オープンの新球場は、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)の本拠地として生まれた。ブルーとオレンジに彩られたスタンドは都会的で、現在も残るY字型の照明塔も特徴的だった。こけら落としでは斉藤明雄の力投により、大洋が巨人を4対1で下した(78年4月4日)。油圧で昇降するマウンド、観客席の一部が移動できるなど、野球以外のスポーツも多目的な利用が可能な国内初の球場として、アマチュア野球をはじめアメリカンフットボールなどの会場としても愛されている。

 2016年1月には、横浜DeNAベイスターズが球場の運営会社を買収し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング