週刊ベースボールONLINE

プロフェッショナル解説 捕手の視点

谷繁元信が捕手視点で語る変化球 「ストライクが取れる変化球が1つあればOK」

 

その道を極めた男の目には、変化球はどのように映っていたのか。まずは捕手として史上最多の2937試合出場を誇った谷繁元信氏が登場。その手で受けた変化球で印象深かったのは?
取材・構成=小林光男、写真=BBM


打者が追いかけて空振りするスライダー


 横浜(現DeNA)、中日で27年、マスクをかぶってきて、数多くの投手の変化球を受けましたがNo.1を選ぶことはできません。球種によって、それぞれに優れている点がありますから。なので、各球種でNo.1を挙げていきたいと思います。

 まず、スライダーは斎藤隆さん(元横浜ほか)。とにかく曲がり幅が大きい。手からボールが離れた瞬間、スライダーだと分かるんですが、打者のイメージ以上に外へ曲がるので右打者はボールを追いかけて空振りする。内角へ投じた場合は右打者が一瞬身を引いてしまう。そこからストライクゾーンへ曲がるのですが、右打者は手が出なくて見逃す。サインによって、内外へ投げ分けてくれたのでリードしていて助かりました。

 吉見一起(中日)のスライダーも良かったですが、斎藤さんとは異なり曲がり幅は小さい。出だしはストレートと同じですが、そこから打者の手元で少し曲がる。表現すればスルスルスルとバットから逃げていく。タイミングが合いづらい軌道で、打者がミスしてしまうんですよね。

 左投手のスライダーで言えば岩瀬仁紀(中日)。これもバッターの手元で曲がり始め、さらに大きく曲がる。懐に食い込んでくるので、右打者は打てども、打てどもファウル。なんとかフェアゾーンに飛ばそうとしても、詰まっていましたね。

 フォークはもちろん佐々木主浩さん(元横浜ほか)。50センチくらい落ちる感覚。僕が受けたフォークはだいたい揺れて落ちるんですけど、佐々木さんのフォークは回転がかかっている。カーブのように曲がって落ちる。カーブがより鋭く、速くなった感じですね。ほかに、そういうフォークを投げる投手はいなかった。さらに左打者には中に入らないように外へシュート気味に、右打者には左打者とは逆方向に落とす。ほかにもカウントを取る、空振りを取る2つのフォークを投げ分けていましたね。

落差の大きい佐々木のフォークは強烈な武器となった


 全盛期の盛田幸妃さん(元横浜ほか)のシュートも、狙われても打たれた記憶はありません。右打者の内角へグッと食い込んでいく。普通、シュートは曲がりながら落ちるんですが、盛田さんは違う。極端に言うと浮き上がりながら打者に向かっていく感じでした。打者も相当怖かったでしょう。僕は「敵じゃなくて良かった」とよく思っていましたから。

 チェンジアップは川村丈夫(元横浜)。きれいな回転もかかって、出だしは完全にストレートで途中からスピードが落ちていく。見た目は遅いストレート。現在で言えば金子千尋(オリックス)の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング