週刊ベースボールONLINE

背中で見せるベテラン3人衆

阪神・福留孝介インタビュー 1戦1勝の気持ちで臨む 「1試合1試合をしっかり戦う。1球に集中する。そうしている間に、最後には必ず結果が出る」

 

若手が多い阪神が首位争いを繰り広げている。強力投手陣の存在も2位につける要因だが、攻撃陣ではキャプテンを務める40歳の福留孝介の存在も大きい。今年は積極的に若手にアドバイスを送る場面も見かける。それにより、若手も思い切ってプレーしているという好循環が生まれている。若手とともに頂点を目指すため、福留は自分の経験のすべてを伝えようとしている。
取材・構成=椎屋博幸、写真=早浪章弘(インタビュー)、BBM ※成績・記録は6月3日時点


言葉で的確なアドバイスを打席では役目を果たす


今シーズン、主将の座を託された。福留は気負うことなく、自然体で若手選手たちにアドバイスを送っている。それは試合中でもだ。昨年から一軍メンバーとして起用された若手と接することで、一人ひとりの性格を把握したことが大きい。その的確なアドバイスが、現在のチームの位置を保っているとも言える。

──シーズン50試合近くを消化しました。チームは首位争いをしていますが、雰囲気はいかがでしょうか。

福留 悪くはないです。明るく、その中でも締めるところは締めているという感じですよ。

──中日時代に何度か優勝を経験されていますが、そのときの雰囲気と比べていかがでしょう。

福留 ん〜〜そういう雰囲気のときもあったり、そうじゃないときもあったり(笑)。まだまだチームの中に波があると感じています。

──大逆転勝利あり、エラーの負けありなど今年はいろいろな流れがあります。チーム全体が不思議な雰囲気になっているのでしょうか。

福留 不思議と言えば不思議ですよねえ。それも去年の経験からきているといえば、そこからきているでしょうし……見ているファンにとっては面白い展開でしょうし、面白いシーズンになっているとは思います。ただやっている(プレーしている)われわれは必死ですからね(笑)。

──その中で、今年も四番を任されています。今年の四番像というのは、昨年と変わらない。

福留 今年も(四番として)自分が何とかしないといけないという状況がきた場合には、自分はその役目に徹しようと思っています。そして、若手の選手には、そういう部分を感じてもらえたらいいな、と望みながら打席に立っています。

──若手にアドバイスを送る場面が増えたように思います。

福留 僕の中で、そこは何も変わっていないんですよ。阪神に移籍してきたときから続けていることですしね。その中で、球場内でよく見られるというのは、その瞬間に感じたこと、試合中に感じたことをすぐに言っているからでしょうね。そのときすぐに言うことで、相手にもダイレクトに伝わるし、その言葉は忘れないと思うんですよ。

──確かにそうですね。

福留 試合後に「あのときのあの場面なんだけど……」と話をしても、そのときの感情までははっきりと思い出せないときがある。そう思うと、状況によっては、その場で言っておいたほうがいいときがありますからね。

──若手選手へアドバイスが必要だというとき、言葉を掛けるタイミングは考えているのでしょうか。

福留 これだけ長く一緒にいるわけですから、性格は分かっているつもりです。その選手の性格も考えながらの言葉掛けをしています。まあ、いろいろと多くの選手たちに声を掛けるようにはしています。

──昨年多くの若手が起用されました。その中で、各選手の特徴も性格もつかんだのですね。

福留 それはもちろんありますね。若手の中には、ゲーム中に話も聞いていない選手もいますから。もちろん、僕の話を聞かないということで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング