週刊ベースボールONLINE

トラの助っ人コラム メッセンジャーの「Messe's Road」

メッセンジャーコラム「イチローの打撃練習にビックリしたよ!ジョーがいなければ今の僕はないかもね」

 

大砲がもてはやされていたときにイチローが出現。彼の活躍によってメジャーの意識も変わったと思うよ。僕は内野安打だろうが、ポテンヒットだろうがヒットはヒットだと思っているからね/写真=BBM、Getty Images


狙って本塁打を打てる。それが本当のイチロー


 交流戦にも強いメッセンジャーです! 6月1日のロッテ戦[ZOZOマリン]でも負けはしたけど、自分らしい投球ができたと思うよ。チームとしても交流戦勝ち越し以上を目指していきたいね。今週は、阪神特集だって? この特集を契機に、優勝に向かって突き進みたいね。

 前回のこのコラムで話し忘れていたことがあるんだ。バリー(・ボンズ)のことなんだけどね。彼はメジャー史上最多の762本塁打を打った偉大なバッター。しかし、薬物のステロイドを使ったとして、周囲から批判を受けているし、法廷にも立った。それについて僕の考え方を示しておきたいと思ったのさ。

 薬物を使って筋肉を増強しようとも打者で一番大事な「ハンド・アイ・コーディネーション(手と目の調和関係)」の向上にはならない。彼はこれが特に優れていたんだ。しかも、今まで薬物を使って彼以上に本塁打を打った選手はいるかい? いないだろ? だから僕は薬物との関係はそこまでないと思っているし、彼の資質というかプレーヤーとしてのすごさは、誰よりも分かっているつもり。それだけは読者のみんなに伝えておきたかったんだ。

 ちなみに今までのメジャー・リーガーで「ハンド・アイ・コーディネーション」が一番優れている選手は、というと間違いなくイチロー(現マーリンズ)だと思うね。彼の能力はすごいと思うし、もうメジャーのレジェンドだよ。

 マリナーズで一緒にやったけど、移籍する前から、彼に関するうわさは聞いていた。実際にチームメートになって、そのうわさは本当だった。何かって? 試合に入るまでのルーティンの数だよ。たくさんあって、すごいなあと思ったもんだ。

 そして移籍後初めて練習をしているときに、驚かされたんだ。僕ら投手陣が練習をしているとカーン! カーン! と良い音を立てながら、立て続けに外野スタンドにホームランを打つ打者がいたんだ。「すごいなあ、あんなすごい打者ってチームにいたっけ? 誰だい?」ってマリナーズに昔からいるチームメートに聞いたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング