週刊ベースボールONLINE

俊足コンビスペシャル対談
西武・源田壮亮×金子侑司 獅子が誇る魅惑の俊足コンビ スペシャル対談

 

俊足好打の2人で一気にチャンスメーク──。一、二番の力で一気に攻め立てるのは理想の一つだろう。交流戦中、それを示したのが西武金子侑司源田壮亮だ。現在はコンビを“解消”しているが、この2人が“ツートップ”を組む日は再び訪れるに違いない。
取材・構成=小林光男、写真=榎本郁也、BBM ※取材日=6月20日

源田のメンタルは“豆腐”……!?


昨年53盗塁をマークし、タイトルを獲得した金子侑司は今季、さらなる飛躍を期待されたが開幕直前に右スネの疲労骨折で離脱。しばらく二軍暮らしを余儀なくされたが、その間、一軍で輝いたのが新人の源田壮亮だった。遊撃のポジションを奪い取り、開幕5試合目から二番に定着。攻守走でチームに欠かせない存在へとなっていった。

金子侑 僕の大学(立命館)時代の後輩が、源田が所属していた社会人(トヨタ自動車)チームにいて。事前に「今度、ウチの後輩が西武に入団するので」ということを聞いていたんだよね。そのつながりから割とスッと話し始めた。

源田 気さくに話しかけてくれて、すごくうれしかったです。ネコ(金子侑)さんの印象は……カッコいい(笑)。話の内容はいろいろありましたけど、本当にチームにもすんなりと入り込めました。

金子侑 シーズン前は野球の話は少なかったかな。僕が開幕前にケガをして二軍にいる間は、基本的には自分のことで精いっぱいだったから。なんとか早く治して、一軍の輪の中に入りたいなということばかり考えていた。だけど、源田の活躍は当然目に入ってきた。塁に出ればドンドン走って、すごいな、と。刺激というか、ポジションも違うので、純粋に応援していたよ。

源田 うれしいです! そういえばネコさんが誕生日のときに電話して「おめでとうございます」と言いましたね。そのとき、ちょっと野球の話もしましたけど、「盗塁、ガンガン行けよ!」と言ってくださって。

金子侑 失敗は恐れずに、と。

源田 「考え過ぎずに思い切ってやれ」ということをよく言ってもらえています。

金子侑 僕も1年目、すぐに試合に出させてもらって最初のころは思い切りやって結果も出ていた。だけど、あれこれ考えだして、ちょっと深みにハマって。疲れもあるだろうけど、行けるところまでは突っ走ってほしいね。

源田 確かに、あまりプラスに考えられないときもあります。ずっと、「こうしてやろう」という考えでプレーすることができたんですけど、シーズンが進むと「これをしたらまずい」というマイナス思考も徐々に増えてきて。そういうのは良くないなと思いながら……考えちゃうんですけどね。

金子侑 例えば自分が一塁にいて、クリーンアップがバッターだったとしたら、僕なんか・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング