週刊ベースボールONLINE

広島 前半戦敢闘賞

広島・鈴木誠也&エルドレッド 快進撃を導いた男たち

 

写真=佐藤真一


もがきながら歩む四番道


 昨季のような笑顔は見られない。昨季ブレークした22歳の鈴木誠也は今季、四番の重責とも戦っている。

 WBC出場によるブランクもあり、開幕戦は六番も、4月11日に初めて四番に起用されると、同月25日からは四番を任されている。前半戦は好成績を拳げたが「三番も五番も打たせてもらったことがあるけど、やっぱり四番は違う。四番目じゃない」と両肩に乗る重圧を痛感する。

 同時に、これまでと変わらず1人の打者として追い求める打撃道への思いは深い。「自分が思う打撃ができていないので、自分の中では満足できていない」。打率3割を切った前半戦終盤はフォームを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング