週刊ベースボールONLINE

甲子園特集 スペシャル対談
DeNA・倉本寿彦×筒香嘉智 横浜高OB対談 あの夏を語ろう。

 

今年のペナントでセ・リーグ3位につける横浜DeNAベイスターズ。キャプテンであり主砲の筒香嘉智と、遊撃のレギュラーとして全試合スタメン出場する倉本寿彦は、名門・横浜高で同じ甲子園を経験した。一つ違いの先輩と後輩が振り返る9年前の夏の光──。
取材・構成=滝川和臣、写真=阿部卓功(インタビュー)、BBM ※記録は7月23日現在

強豪校を立て続けに撃破


1年から名門の四番に座った“怪物”筒香の甲子園出場は、2年春夏の2回(3年夏は神奈川大会の準々決勝で敗戦)。倉本ら才能豊かな先輩たちと聖地に立った。

──横浜高が4強に進出した2008年夏、甲子園の記憶は残っていますか。

倉本 よく覚えています。「勝つんだ!」という強い想いでプレーしていましたし、「勝てる」と思って戦っていました。あの年、センバツでは初戦敗退(2回戦、対北大津高)。それが夏は、1回戦の浦和学院高に始まり、広陵高、仙台育英高、聖光学院高と強豪ばかりの中で、勝ち進むことができたのは良かったかなと。

筒香 先輩たちにとって最後の大会だったので必死でやるだけでした。僕の一つ上の学年は、倉本さんはじめエースの土屋さん(土屋健二、元日本ハムほか)などすごい選手が多かったんです。僕らが3年になったときは、先輩たちをお手本にしていたし、あらためて先輩たちのすごさが分かりました。

──倉本選手は当時、一番・遊撃手でした。

筒香 はい。めちゃめちゃ打っていました。

倉本 そんなに打ってない(笑)。

筒香 プレッシャーばかりかけられましたから。(四番の自分の)前で出塁して「俺をかえせよ」というプレッシャーですね(笑)。

倉本 そんなことないだろ。ゴウ(筒香)は初対面のときからインパクトがすごかった。入学当時から飛距離はハンパなかったし、すぐに試合に出るようになった。体も大きかったけど、パワーというよりバランス。ボールの飛ばし方を分かっている感じでした。

筒香 いや、それほど違いはなかったです。高校の1年間というのは大きくて、入学したばかりの1年生と2年生の差は大きいですから。でも、横高(横浜高)は上下関係が厳しいというよりは、野球に関しての厳しさがありました。

倉本 あの夏はとにかく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング