週刊ベースボールONLINE

甲子園特集 怪物がいた夏

92年 夏の怪物・松井秀喜 “伝説”となったゴジラ

 


 松井秀喜が“5度目の一塁”へ向かった直後、球場全体から罵声と怒号が響き、無数のメガホンがグラウンドへと投げ込まれた。2対3で惜敗した94年夏の2回戦・明徳義塾高戦。のちに巨人で四番を張り、ヤンキースではワールド・シリーズMVPに輝く男は5度の敬遠四球で一塁へと歩き、聖地を去った。

 1年夏から星稜高の四番を打ち、春夏合わせて4度の甲子園出場。2年夏に1本、ラッキーゾーンが撤廃されて全体の本塁打数が激減した3年春も「僕には関係ありません」と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング