週刊ベースボールONLINE

ブレーク必至の2年生逸材

目指すは世代No.1 U-18の一・二番コンビ 藤原恭大&小園海斗

 

来年は春のセンバツが90回、夏の選手権大会が100回を迎える。この節目の年の主役となるのが現在の「2年生」たちだ。まずはU-18ワールドカップでも一、二番コンビを組んだ、この2人をクローズアップする。
文=岡本朋祐、写真=早浪章弘

藤原恭大[左、大阪桐蔭高・外野手]、小園海斗[右、報徳学園高・内野手]


 共通点として2人は“野性味”にあふれている。プレッシャーとは無縁。第28回WBSC U-18ワールドカップ20人のメンバーの中で2人だけの2年生。一番・右翼の藤原恭大と九番・遊撃の小園海斗はチームに欠かせない選手であった。国内合宿の練習試合の段階で、侍ジャパンU-18代表・小枝守監督は「一番と九番は固定」と、中軸の三番・安田尚憲(履正社高)、四番・清宮幸太郎(早実)の前に塁上をにぎわすチャンスメーカーとして、全幅の信頼を寄せていた。完全に評価を固めたのは、アメリカとのオープニングラウンド第2戦。日本は散発2安打完封負けを喫したが、その2安打は藤原と小園。試合後に小枝監督は「2年生2人で計2安打では……」と嘆いた。だがその一方で、手元で動くボールへの対応力の高さも示す一戦だった。

 2人は中学時代、枚方ボーイズでプレーした気心が知れた仲。当時は藤原が一番、小園が二番だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング