週刊ベースボールONLINE

優勝監督ストーリー

ソフトバンク・工藤公康監督 最後まで貫いたリアリズム。3年間のチーム構築の結実

 

監督就任3年目のシーズン。昨季、最大11.5ゲーム差をつけながらも日本ハムに優勝をさらわれた雪辱を見事に果たした。故障者が続出する中でチームを最良の道に導いた卓越したタクトが2年ぶりの頂点への根拠となった。
文=福谷佑介、写真=BBM


中長期的なチームづくりの真価


 雪辱を果たした。込み上げるものもあっただろう。工藤公康監督の体が、宙に舞う。大逆転で日本ハムに優勝をかっさらわれた昨季の悔しさから1年。パ・リーグの頂きを奪い返した指揮官には、涙とともに安堵と充実の笑顔が広がっていた。

 2位に大差をつけた独走V。だが、ここまでの道のりは過去に例を見ないほどに、険しいものだった。その最たる例が、想定外とも言えるほどの負傷者の数。左ヒジの炎症、そして遊離軟骨除去手術となった和田毅をはじめ、千賀滉大武田翔太五十嵐亮太内川聖一デスパイネ高谷裕亮川崎宗則と主力どころが立て続けにチームを離れた。特に投手陣はローテの中核を担うべき3枚が長期に渡って離脱。並のチームなら、一気に成績が下降しておかしくない状況だった。

 そこで踏みとどまることができたのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング