週刊ベースボールONLINE

挑戦者を待ち受ける男たち

ソフトバンク・岩嵜翔インタビュー 手にした自信 「ピンチの場面で抑えるのが中継ぎエース」

 

10年目を迎えた右腕が、ついに真価を発揮した。先発、中継ぎ問わず、腕を振るってきたが、今季は8回を担うセットアッパーとして球団最多記録を更新する72試合に登板。リーグ優勝の立役者となった。もちろんポストシーズンでも、自らに勝利の行方が懸かっていることを理解している。
取材・構成=杉浦多夢、写真=湯浅芳昭、BBM


リリーフの面白さ


リーグ史上最速でのV達成に、誰よりも喜びと充実を感じていた。主力として優勝に貢献できたこと。リリーバーとして完全覚醒した岩嵜翔は、デニス・サファテにつなぐ8回という重要なポジションで、最後まで任務を完ぺきに遂行してみせた。

──今季のリーグ優勝は、これまでと違ったものではないでしょうか。

岩嵜 8回という、いいところで投げさせてもらい、1年間を通してしっかり自分の仕事ができた中での優勝だったので、個人的に今までの中で一番いい優勝だったと思います。

──優勝決定試合となった9月16日の西武戦[メットライフ]でも8回に登板しました。

岩嵜 自分でもびっくりするくらい力が出ましたね。スピードも出ていたし(自己最速タイの156キロを記録)、気持ちが入っていたんだと思います。何より試合前に倉野さん(倉野信次・投手統括コーチ)から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング