週刊ベースボールONLINE

1965-2017 12球団ドラフト全史

【球団別ドラフト史】ロッテ・屈指の不人気球団から千葉移転で大きく変貌

 

1965年秋からスタートし、今回が53回目となったドラフト会議。毎年、幾多のドラマが繰り広げられ、多くの笑顔と、そして涙があった。ここでは過去のドラフト会議をドラフト1位選手を中心としながら球団別に振り返ってみよう。
※ドラフトの年は会議の開催年。文中も

小宮山の存在もロッテを変えた[1989年]


 東京時代の第1回は、互いに腹の探り合いで混乱した。1位で当然と思われた甲子園のスター、木樽正明(銚子商高)が指名もれで、2位で獲得する幸運もあった。67年は1位で剛腕・村田兆治、68年は1位でミスターロッテ、有藤通世を獲得。これで投打の屋台骨ができた。

 70年にはドラフト1位の樋江井忠臣が入団を拒否したが、ロッテは長く12球団一の不人気球団と言われ、とにかく拒否が多かった球団である。老朽化し、常に閑古鳥が鳴いていた川崎球場(最初は東京スタジアム、川崎の前は仙台が準本拠地で移動ばかり)、金田正一監督時代の猛練習もマイナスイメージとなった。

 1位で言えば、76年には現中日監督の森繁和、79年が竹本由紀夫らが拒否組。悲惨だったのが下で紹介する小池秀郎だが、入団はしたものの、態度がひどかったのが、80年の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング