週刊ベースボールONLINE

1965-2017 12球団ドラフト全史

【球団別ドラフト史】オリックス・名球会3人の68年、さらにイチロー獲得の伝説

 

1965年秋からスタートし、今回が53回目となったドラフト会議。毎年、幾多のドラマが繰り広げられ、多くの笑顔と、そして涙があった。ここでは過去のドラフト会議をドラフト1位選手を中心としながら球団別に振り返ってみよう。
※ドラフトの年は会議の開催年。文中も

前列左の土井正三監督と右手で握手は田口、左手で握手がイチロー[1991年]


 オリックスは合併により阪急からの歴史、近鉄からの歴史を併せ持つが、ややこしくなるので、今回は阪急-オリックスの系譜のみとさせていただく。

 第1回から主砲となる長池徳二を1位で獲得と幸先がいいが、注目は、全体的にも大豊作ドラフトと言われた68年だ。1位で山田久志を指名すると2位で加藤秀司(松下電器)、7位で福本豊(松下電器)を獲得。3人は、いずれも名球会入りしている球界のレジェンドである。

 その後はやや小粒の時代が続いたが、74年獲得の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング