週刊ベースボールONLINE

1965-2017 12球団ドラフト全史

【球団別ドラフト史】楽天・歴史は浅いがオコエ以外すべてドライチは投手

 

1965年秋からスタートし、今回が53回目となったドラフト会議。毎年、幾多のドラマが繰り広げられ、多くの笑顔と、そして涙があった。ここでは過去のドラフト会議をドラフト1位選手を中心としながら球団別に振り返ってみよう。
※ドラフトの年は会議の開催年。文中も

最大の大物はやっぱりマーくん。中央の野村克也監督の左だ[2006年]


 球団再編問題の中、04年オフに誕生した楽天。同年秋のドラフトから参加した。初回の1位は、自由獲得枠最大の注目選手ながら金銭授受問題で“宙ぶらりん”となっていた一場靖弘だった。巨人、横浜、阪神と次々に金銭授受が明るみに出て、3球団とも獲得断念し、本人は8月に明大野球部を退部。その後、3球団のオーナーがそろって辞任と大げさ過ぎる不可解な幕切れになった。一場は、新参入球団楽天への大きなプレゼントになるか、と思われたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング