週刊ベースボールONLINE

12球団担当ドラフト採点

【球団別ドラフト採点】ソフトバンク・松田の後継者現る!?

 

来年のチーム作り、未来のチーム構成にとって2017ドラフト会議は各球団にとって成功と言えたのだろうか。ここでは本誌球団担当が「運命の10.26」を厳格に判定し、点数をつけた。また今ドラフトの収穫と誤算、そしてこの結果から見えてくる戦力構想とは──。
採点は100点満点。「近年3年間のドラフト指名内訳」表は入団拒否者を含む。育成指名は含まない


ソフトバンク 残り物に福は……なし


 1位で清宮幸太郎(早実)→安田尚憲(履正社高)→馬場皐輔(仙台大)を指名するも、まさかの「外れ、外れ、外れ」。ゆえに大幅減点は否めないが、結果的には1位の吉住晴斗(鶴岡東高)を始め将来性を重視した、球界屈指の育成力を誇るソフトバンクらしい選択となった。3位の増田珠(横浜高)はコンバートが見込まれている三塁で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング