週刊ベースボールONLINE

12球団補強最前線 2017-2018

【12球団補強最前線】日本ハム・若手&新戦力の台頭と投手陣の再整備が最重要課題

 

ドラフト、さらに日本シリーズも終わり、各球団の補強への動きが本格化してきた。果たして、あの選手をあの球団は本当に獲得するのか。いや、むしろ本当に必要なのか。今回は12球団の現状の戦力を分析し、補強ポイントを探っていく。
※情報は11月12日現在

監督 栗山英樹(7年目)

首脳陣では白井一幸コーチらが退任し、緒方耕一が野手総合コーチで入閣。荒木大輔の二軍監督就任もチームに新たな風を吹き込んでくれそうだ


清宮をどう起用するか?


 破壊と創造の1年が終わり、新たなチーム作りへ本格的に動き出す。投打の二刀流でけん引してきた大谷がポスティングを利用してメジャー移籍を目指すことになった。先発投手、指名打者として大きな戦力を失う。それぞれの穴を誰がどう埋めるのか。シーズン中から模索を続け、ドラフトではアマ球界屈指のスラッガー・清宮幸太郎の獲得に成功。V奪回に向けて頼もしい戦力が加わった。

 日本ハムに脈々と流れるスターの系譜を受け継ぐ大器の育成は、チームの将来が懸かっている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング