週刊ベースボールONLINE

2017 12球団合同トライアウト

進退をかけた男たちの真剣勝負。2017 12球団合同トライアウトREPORT

 

11月15日、マツダ広島で17回目となるトライアウトが開催された。今季、戦力外通告を受けた選手たちだけではなく、2016年以前にNPBを離れていた選手も参加。集ったスカウトたちの目に留まるべく、全力のアピールが繰り広げられた。
取材・文=吉見淳司、写真=太田裕史


選手に注がれる視線


 午前9時過ぎ──。マツダ広島のグラウンドでは、さまざまなユニフォームに身を包んだ選手たちが、思い思いに体を動かしていた。

 一見すれば、オールスターゲームのようでもある。だが、これから行われるのはある意味、華々しい球宴とは対極の世界。NPB復帰をかけた狭き門を目指す、12球団合同トライアウトの舞台だった。

 開場前から列を作っていたファンは9時30分になると同時に、解放されていた内野スタンドへ。「K・NAKAMURA 68」の背ネームが書かれた広島のユニフォームを着た三宅富夫さん(56歳)が応援するのは、横浜商大高から10年育成ドラフト2位で広島に入団し、16年に支配下となったものの、一軍出場はなく、今季に戦力外となった中村亘佑だ。

「高校時代からバッティングが良く、長打力のあるキャッチャー。素人目ですが、可能性を持っている選手だと思っています」と言葉に力がこもった。

 ドラフトでは1位で広陵高・中村奨成との交渉権を獲得した広島。ドラフト以前に多田大輔松浦耕大が戦力外となっており、「もうないじゃろうと思っていたのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング