週刊ベースボールONLINE

2017年12の難事件の真相解明に挑む!

NPB2000安打達成者3人徹底比較。安打の内容に相違点あり!? 追加捜査で一番多く一塁を踏んだ選手も判明!

 

今季NPBでは2000安打達成者が3人誕生した。巨人阿部慎之助捕手、中日荒木雅博内野手、そして阪神鳥谷敬内野手だ。彼らはシーズン終了時点の打席、打数、安打数がほぼ同じ。そこで何か違いがないか数字と“にらめっこ”をしてみた。すると、彼らの打撃の特性が顕著に表れた数字が並んだ。
写真=BBM (※日米通算2000安打達成の青木宣親外野手はMLBとNPBの年間試合数などが違うため今回はNPB内だけの打者のみ)

荒木は6月3日に達成


シーズン終了後3人の安打数がほほ同じ


 2017年シーズンに2000安打を達成した3人はそれぞれ打者としてのタイプが違う。阿部慎之助は長く巨人の四番を務める長距離打者。中日の荒木雅博は、二番などを打ちながらも守備の職人的なイメージで、守備を中心に2000安打を達成した宮本慎也(ヤクルトヘッドコーチ)タイプの巧打者だ。

 そして、3人の中で最後に2000安打を達成した阪神の鳥谷敬は、三番や六番などを打つ好打者タイプと、それぞれタイプが違う。ただシーズンが終わったときの安打数は最多の阿部と最少の鳥谷で21本の差しかない。打席数も打数もほぼ同じだから数字で比較したら、その個性が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング