週刊ベースボールONLINE

2017年12の難事件の真相解明に挑む!

驚き、笑い、悲しみ……の記録集。2017プロ野球好珍アラカルト

 

えっ!? と驚く好記録から、クスっと笑える珍記録まで、2017シーズンを彩ったレコードは、まだまだ多数ある。紹介しきれなかった“10”の記録を一挙に掲載しよう!

“踏み忘れ”のち“10万号”



“珍デビュー”は序章に過ぎなかった。得点力不足に陥った打線の起爆剤として5月末に緊急補強されたオリックスマレーロ。6月9日のデビュー戦でサク越え弾を放つも、本塁“空過”で三塁打に。初アーチが取り消されたのは、1976年の行沢久隆(日本ハム)以来2人目で、ベース空過で“幻の一発”となったのは史上4度目。アウトを宣告された新助っ人は自らのプレーに困惑し、ベンチで呆然としていた。が、これが“マレーロ劇場”の幕開けだった。翌日に初本塁打を打ち直すと、以降もアーチを量産。レギュラーを不動のモノとし、迎えた9月29日のロッテ戦[ZOZOマリン]。6回に放った一発がNPB通算10万号となり、賞金100万円を手にした。試合後には球団が制作した『本塁踏み忘れTシャツ』を着用し「あれで名前を覚えてもらったし、それによってこの本塁打がある」と、自演自作(?)のメモリアル弾に笑顔が絶えず。そして、物語のエピローグはこの後──。チームメートのT-岡田が同日の5回に放った9万9999号に対し、球団が『9万9999円』を贈呈したが、プレゼンターを務めたのは“したり顔”のマレーロだった。

本塁空過でアウトが宣告され呆然となったマレーロ


だが、10万号を放つとこの笑顔


■ベース空過による本塁打取り消し
長嶋茂雄(巨人) 1958年9月19日 広島戦で一塁ベース空過
ガードナー(広島) 1981年7月19日 大洋戦で本塁ベース空過
イ・スンヨプ(巨人) 2006年6月11日 ロッテ戦で三塁ベース空過
マレーロ(オリックス) 2017年6月9日 中日戦で本塁ベース空過

西武・日本人野手20年ぶり1試合3発



「奇跡だと思います」とおどけたのは西武の若き大砲だった。8月2日、楽天戦[メットライフ]。「六番・一塁」でスタメン出場した山川穂高は4回に左翼へ5号ソロを運ぶと、6回にはバックスクリーンへ6号2ラン。2点差に追い上げられた直後の8回には7号ソロを左翼席へたたき込んだ。自身初の3打席連続本塁打で7対4の勝利に貢献。西武の選手の1試合3本塁打は10人目、日本人選手に限ると7人目で1997年の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング