週刊ベースボールONLINE

2017年12の難事件の真相解明に挑む!

岩瀬仁紀が日本新の950試合登板。竜の鉄人はアンタッチャブルな存在か!?

 

今季、米田哲也氏(元阪急ほか)を更新する、通算950試合登板を達成した希代のリリーバー。現役ではぶっちぎりの登板数だが、果たして上回る選手は現れるのか。

今季、2つ目の日本新記録を樹立した岩瀬


記録更新に不可欠な3つのキーワード


 通算404セーブの日本記録を保持する救援のスペシャリストが、新たな勲章を手にした。8月6日の巨人戦[東京ドーム]、5対4の9回から登板した中日岩瀬仁紀は、1回を無失点に抑えて今季2セーブ目をマーク。さらに通算登板数を950とし、40年ぶりにプロ野球記録を更新した。

 左ヒジ痛などで2015年はプロ入りして初めて一軍登板なし。引退を囁かれたこともあったが、今季は6月に14試合無失点で12年ぶりに月間MVPを受賞するなど主に中継ぎとして活躍。4年ぶりに50試合登板を果たし、健在ぶりを証明した。

 現役時代はともに救援として、ブルペンでその姿を見た小林正人広報は、「どんなときも変わらずに登板に備えていたところがすごい」と、鉄腕の秘訣を明かす。「みんなそれぞれに決まったルーティンがありますが、岩瀬さんは特に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング