週刊ベースボールONLINE

再び、世界に旋風を!日本人メジャー特集

綱島理友のユニフォーム考証。似合う? 似合わない?“赤いOHTANI”

 

エンゼルスの入団会見で赤いユニフォームをまとった大谷翔平の姿を見て、新鮮な印象を受けたファンもいれば、違和感を抱いたファンもいたはずだ。デザインの好みや、感受性は人それぞれ。あなたの目にはどう映っただろうか──。
文=綱島理友、イラスト=イワヰマサタカ、写真=Getty Images

会見で着た赤いバージョンはサード(オルタネート)ユニフォーム


 その第一報を聞いたとき、「大谷選手なら赤い帽子とユニフォームが、よく似合うだろうなぁ」と、思った。そして実際、入団記者会見で赤いオルタネートのユニフォームに袖を通した姿は、ぴたりとハマっていた。

 ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムが現在の赤を基調としたユニフォームを採用したのは、2002年からだ。エンゼルスに最初に在籍した日本人選手は長谷川滋利投手だが、在籍は1997年から01年まで。彼の時代は紺の袖にボディがストライプのユニフォームが使われていた。

長谷川滋利が在籍時は袖が紺色のユニフォーム。胸には天使の羽がモチーフのロゴが躍った


 これまでエンゼルスの赤いユニフォームに袖を通した日本人選手は、10年の松井秀喜選手、11年と12年に在籍した高橋尚成投手の2人。しかし年齢が30代に突入していた彼らの場合、正直、ちょっと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング