週刊ベースボールONLINE

日本人メジャー スペシャルインタビュー

ドジャース・前田健太インタビュー 先発で世界一に 「来年は“先発”で充実感を味わい世界一になりたい」

 

圧倒的な戦力で今季MLB最多の104勝を挙げ、29年ぶりのワールド・シリーズ進出を果たしたドジャース。その中でレギュラーシーズンは先発として13勝、ポストシーズンはリリーバーとして9試合で防御率0.84という素晴らしい数字を残し、存在感を示したのが前田健太だ。世界一の頂が見えたことで来季、新たなるマエケン・スタイルが出来上がる予感がする。
取材・構成=椎屋博幸、写真=Getty Images、BBM

ワールド・シリーズでも好投した前田。気合の入り方もポストシーズンの倍以上で、雄叫びも自然と出てきた


WSの緊張は想像以上


──ワールド・シリーズ第7戦で勝ち切れず、悔しさは残っていますか。

前田 まったくないですね。もう来年に向けてという感じです。試合が終わった時点で、すぐに切り替えられましたね。

──意外にあっさりと切り替えられたのですね。

前田 もちろん、悔しいですよ。でも悔しさは半分で、残りの半分はいい経験ができたなあ、という感じで、敗戦を引きずっていないですね。

──負けたときには、もっと悔しさを引きずるタイプかな、と思っていました。

前田 負けたときの悔しさというのは想定もしていませんし、勝ったときの想像しかしていません。ただ、シーズンの最後の最後まで試合をしましたから、やり切ったぞ、という感情のほうが強いです。

──レギュラーシーズンからポストシーズンはやはり長かったですか。

前田 長いという感じよりも、ワールド・シリーズのものすごいプレッシャーからようやく解放されたぞ、という安ど感のほうが強いですね。緊張感もすごかったですから。

──ドジャースは特に勝って当たり前の戦力でしたからね。

前田 (ナ・リーグ西地区)5連覇はしましたけど、チームはワールド・シリーズ進出が29年ぶりだったですし、選手のほとんどがワールド・シリーズを経験していなかったので……プレッシャーという意味では今季最多の104勝したことで、逆に勝ち抜かないといけないというほうのプレッシャーが大きかったと思います。

──今年は昨年敗退したリーグ優勝決定シリーズでカブスを破り、リベンジを果たしました。

前田 あのときは、ワールド・シリーズに行けるぞ、といううれしさがありました。昨年の負けで、ワールド・シリーズに行かないと意味がないと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング