週刊ベースボールONLINE

岐路に立つ男の去就の見通しは?

巨人退団から2カ月超…… 村田修一の置かれた厳しい現状

 

通算360本塁打を誇る村田だが、まだオファーはない/写真=BBM ※契約情報は12月18日時点


 真冬の重い冷気が、一人のベテランを包んでいる。名門・巨人から“別れ”を告げられた村田修一に、新天地からの誘いはまだ、ない。

「故障個所もない。ハートもまだ保てている。少ないチャンスの中でも野球をやって、それだけのものは残したつもり。だから、まだやろう、やりたいなという思いはあります」

 球界を代表する右の大砲が2017年、現役生活の瀬戸際に立たされることなど、誰が予想しただろうか。シーズン終了後の10月13日、村田は球団から自由契約を言い渡された。17年は開幕から新外国人のC.マギーが三塁で起用されたため代打が中心だったが、後半戦は随所で勝負強さを示し、三塁の定位置を奪還。終盤戦で3試合連続本塁打を放つなど打率.262、規定打席未到達ながらチーム5位の14本塁打、同4位の58打点をマークした。

 それでも12月28日に37歳を迎えるベテランであることは自覚しており、「今年以上に立ち位置が厳しくなっても仕方ない。FAしないで巨人に残ろう、と思っていた」と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング