週刊ベースボールONLINE

FA移籍選手インタビュー

DeNA・大和インタビュー 鉄壁守備でセ・リーグV、日本一へと導く 「勝負するためにここに来た」

 

これまでのDeNAは、高田繁GMが「FA補強に頼らない」と語る補強方針でチーム力の底上げを目指してきた。しかし、「何としても来てもらいたい」とその方針を曲げてまで、獲得にこだわった男が、大和だ。チームの弱みだった“選手層の薄さ”解消だけにとどまらず、二遊間のレギュラーを奪う勢いで、チームに新風を吹き込む。
取材・構成=滝川和臣、写真=榎本郁也、BBM

入団会見のあと、横浜スタジアムの前でポーズを決めた。2018年からはここが主戦場となる


高い守備力こだわりを高く評価


2017年、阪神と熾烈な2位争いを繰り広げ、CSでも激しくぶつかったDeNA。17年の対戦の中で、阪神の遊撃手・大和に三遊間、二遊間のヒット性の当たりをいくつもアウトにされ、チャンスの芽をつぶされてきた。そんな守備のスペシャリストがFA権を行使。DeNA・高田繁GMが交渉解禁とともに、大阪に飛んで行ったのも当然の流れだろう。「チームの力になってほしい」の誘い文句に、大和は横浜行きを決意した。

──入団会見を終えた今の心境はいかがですか。

大和 率直に言ってホッとしたというのが一番ですね。いろいろ悩んでいた部分もあったので、ようやく一区切りできたという感じです。

──FA権を行使した理由をあらためて聞かせてください。

大和 他球団が自分をどう評価しているのか、どう見られているのか知りたかったというのが大きかったですね。

──残留、移籍という選択肢の中から、DeNAを選んだ理由は。

大和 僕はこれまで守備にこだわりと自信を持ってやってきた。その部分を最大限に評価していただいた球団がDeNAでした。自分の力を生かすにはベストの選択肢だと考えた上での結論です。もちろん阪神でも評価はいただいていましたが、他球団も含めてどうしても打たないと“割に合わない”という考え方がある中で、DeNAで守備を重視した見方をしていただいたのが大きかった。

──DeNAというチームの印象は。

大和 若い選手が活躍しているイメージですね。あとは球場の雰囲気もいい。

──甲子園のスタンドからの熱気もすごかったと思います。

大和 そうですね。でも、雰囲気はまったく違いますよ。横浜スタジアムは応援が温かい。勝っていても、負けていても声援の大きさが変わらないように感じていました。優しいというか。

──高田繁GM、ラミレス監督と言葉を交わしましたか。

大和 自分が悩んでいるときに高田GMからは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング