週刊ベースボールONLINE

2017-18 移籍&補強 総チェック

選手だけが“補強”じゃない!! 新“戦力”のコーチ陣招へいの狙いと意図は?

 

若手の飛躍で広島がリーグ連覇を遂げた影響もあってか、近年は“育成”に重きを置く球団も多くなり、より重要度が増しているのがコーチの存在だ。例年以上に各球団でコーチ陣の入れ替えが行われる中で、特に大きな動きを見せた2017年の下位球団。その新コーチ招へいの狙いを探る。
※情報は12月18日時点

Pick Up Coach1・鳥越裕介コーチ(ソフトバンク→ロッテ) 整える再建への“下地”


鳥越裕介ヘッドコーチ兼内野守備・走塁コーチ[右]


 井口資仁新監督の就任にともない、ロッテはコーチ陣の顔ぶれも一変した。トレーニング系のコーチを除けば、一軍コーチとして2017シーズンからとどまるのは小林雅英投手コーチのみとなる。

 狙いは明確だ。新指揮官がスタッフに求めたのは「野球観が一致」していること。春季キャンプでは一、二軍の枠の撤廃を明言しているが、その橋渡しとなる二軍監督には同じ東都大学リーグ出身で同学年の盟友・今岡真訪氏を招いた。またチーム打率がリーグ最低に終わった打撃陣のテコ入れのため、井口監督の師匠的存在でもある金森栄治氏が6年ぶりに打撃コーチに復帰している。

 投手コーチには元エースの清水直行氏を呼び寄せ、やはり東都リーグ時代からメジャーまでの戦友にして同学年の小林コーチとともに、チーム防御率がリーグワーストの4.22だった投手陣の立て直しを託す。バッテリーコーチにも青学大の同級生である・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング