週刊ベースボールONLINE

2018年シーズン展望

【12球団“最速”戦力分析】阪神・リーグ優勝はロサリオ、藤浪と岩貞の活躍次第

 

2018年シーズンはセ・パ両リーグとも、3月30日に開幕する。10月まで続く長く熱いペナントレースを制すのはどのチームか。どこよりも速い12球団戦力分析をお届けする。
※データは2017年12月24日現在。チームの総合力はA+〜Eの10段階評価


 貯金17でリーグ2位となった2017年だが、その原動力は救援陣。打線は日替わりオーダーが多く最後まで固定できなかった。しかも四番は6人もの選手が務め、最多でも福留孝介の93試合。6人で本塁打14本、72打点と寂しい成績に終わり、三番、五番の数字よりも低かった。ここがリーグ優勝をするための明白な懸案事項であるのだ。

 今オフ、メジャー通算71本塁打で、韓国球界で2年連続3割、30本塁打、110打点を超える成績を残したロサリオを獲得し、四番に据える。金本知憲監督も何度もビデオを見て獲得を決めただけに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング