週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト大展望

【2018ドラフト注目】大阪桐蔭高コンビ、スター&将来性抜群。大学生、社会人も注目の逸材が勢ぞろい!!

 

2017年のドラフト戦線は1位で高校生史上最多タイ7球団が競合した早実・清宮幸太郎(日本ハム)が話題の中心だったが、18年も高校生に勢いがある。大学生、社会人も含めたドラフト候補選手をピックアップしていく。

大阪桐蔭高の根尾[右]は投打に加え、遊撃手の「三刀流」。藤原[左]は3拍子のセンスにあふれた好選手だ


多くの可能性を秘めた「三刀流」と不動の一番


 2018年は高校野球イヤーである。春のセンバツは90回、夏の選手権は100回の記念大会。各校ともこの節目に結果を残そうと、強化を進めていると言われており、甲子園では例年以上の熱戦が展開されそうだ。球児あこがれの大舞台で活躍することが、その先のプロ入りへとつながることは間違いない。

 2018年センバツで史上3校目の「春連覇」を狙う大阪桐蔭高には、将来性高い2人のスター選手がいる。根尾昂は飛騨高山ボーイズ時代から最速146キロの「スーパー中学生」として騒がれた。スキーにおいても中学2年時に回転で全国優勝、世界大会出場。急斜面で鍛えられた体幹が、野球においても生かされている。5年ぶりの優勝に貢献した2年春のセンバツで投手、遊撃手、中堅手を難なくこなすと、同夏は三塁手、右翼手とマルチぶりを発揮・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング