週刊ベースボールONLINE

逸材プレーヤーCLOSE UP

藤原恭大(大阪桐蔭高・外野手)&根尾昂(大阪桐蔭高・内野手兼投手) 「3拍子」と「三刀流」を極める超高校級

 

2018年、ドラフト候補生は、進路をかけた特別なシーズンを控える。まずはセンバツ甲子園出場が確実な注目選手の動向に迫る。大阪桐蔭高の逸材は身近なライバルとして意識し、高め合う2人だ。
取材・文=岡本朋祐、写真=石井愛子


 大阪府と奈良県の県境付近、生駒山の中腹にある大阪桐蔭高グラウンドは寒風が吹く中でも、活気に満ちあふれていた。練習から緊張感あるチーム内競争が展開。打撃ケージでは不動の一番・中堅の藤原恭大が、ライバルの横で快打を連発していた。

「5メートルは飛距離が違う、根尾に負けたくない。フルスイングながらもコンパクトな振り。スピード×パワー。春までには誰が見ても『藤原がすごい!』と言われるよう、この冬で抜く! 頭の中にはいつも入っています」

 ガツガツ感がある関西気質の藤原とは対照的に、岐阜出身で四番・遊撃、そして、マウンドにも上がる根尾昂は、闘志を心に秘めるタイプである。

「ライバルは同学年の仲間、チームメート全員。寮でもなんだかんだ、皆で競い合っています。自分は藤原よりもまだ、レベルの低いところにいる。実は打撃練習では結構、僕も(ライバル心を)出しているんですよ。2人の間でしか分からない空間かもしれませんが、負けられない」

 西谷浩一監督が課すハードルは高い。

「5打数4安打で喜んでいてはダメ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング