週刊ベースボールONLINE

スペシャルインタビュー

ダイヤモンドバックス・平野佳寿インタビュー 揺るがぬ信念を胸に 「メジャーは無理と思っていた。でも、求められている場所で結果を出したい」

 

戦いの場をアメリカに移しても、目標は変わらない。34歳を迎える2018年。今季からメジャーに挑戦するオールド・ルーキーが記した決意の1文字は“貫”だ。リリーバーとして1試合でも多くマウンドに上がるべく心の中に刻むのは「どこまで自分を信じていけるか」。培った経験と揺るがぬ信念を胸に秘め、平野佳寿は、新たな戦いに挑む。
取材・構成=鶴田成秀、写真=佐藤真一


“黄色いボール”がメジャー挑戦の遠因に


聞けば、メジャーへのあこがれがあったわけではないという。「俺には無理」と海の向こうのプレーを1人のファンとして楽しむ程度で、“滑る”と言われる“メジャー球”にも不安を抱いていた。だが、WBCで手にした黄色いボールが状況を一変させ、心を動かした。

──2月14日のダイヤモンドバックスのバッテリー組のキャンプインまで1カ月を切りましたが、自主トレもウエート・トレーニングに軽めのキャッチボールと、例年と変わらぬ調整ですね。

平野 いつもどおりです。ただ気持ちは不安な面もあり、そしてワクワクした気持ちも強い、という感じですよ。

──不安とワクワクが交錯している、と。

平野 不安は野球以外、環境面のことですけどね。僕自身ということではなく、家族も一緒に行くので、アメリカに馴染めるかな、と。向こう(アメリカ)は当然、言葉は違うし、食事も日本と同じようできない部分もあると思うんです。でも、プレーの面ではワクワクしています。

──中でも楽しみにしていることは。

平野 純粋に『メジャー・リーグでプレーできるぞ』ということ。もうこれがすべてです。すごい選手たちがいる中で、その打者に向かって勝負ができる。新たなところで野球ができる。それが楽しみで、すごくワクワクしているんですよね。

──というと、もともとメジャー・リーグへのあこがれは強かったのでしょうか。

平野 う〜ん、興味がなかったと言ったらウソになりますけど、正直なところ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング