週刊ベースボールONLINE

虎最強のブルペンを担う男たち

阪神・マテオ×ドリス スペシャル対談 監督を胴上げだ!

 

12球団No.1と言われるリリーフ陣を持つ阪神。その中心的存在が「マテドリ」こと、セットアッパーのマテオとクローザーのドリスだ。2人ともタイトルを獲得する大活躍で2位躍進の立役者に。今回は2人に今年に掛ける意気込みを語り合ってもらった。
取材・構成=椎屋博幸、写真=小山真司、早浪章弘、通訳=栗山正貴


チームが勝つことが一番


──2人ともに日本でのプレーが3年目を迎えます。もう日本の野球環境や文化にも慣れたのではないですか。

ドリス 1年目は分からないことばかりで、大変だったけど、徐々に慣れてきて日本語も少し分かったり、話せたりできるようになってきたから、楽しいよ。慣れたからこそ余裕もできているよ。

マテオ 僕もそれは一緒だ。今はすごく慣れてきて、毎日が楽しいね。アメリカにいたときはラテン系の選手が多くいたから、自分が外国人選手だという意識はなかった。日本では完全に外国人。だから同じチームに同郷の選手がいるのは頼もしかったよ。今では日本人選手ともどんどん仲良くなっていっているから本当に楽しい。ドリスに関しては昔から知っている間柄だったから、このチームに来て縁を感じているよ。

ドリス 2008年のときだよね、最初に会ったのは。カブスでチームメートになったんだよ。ドミニカ共和国のウインター・リーグでもチームメートだったしね。長い付き合いになっているよな。

マテオ ここまできたら、タイガースの後に行くチームまで一緒になってしまうかもな(笑)。

ドリス でもタイガースが一番いいから、よそには・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング