週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】DeNA・開幕戦に咲いて、散ったハマの男たち

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

02年広島との開幕戦で熱投を演じる三浦大輔。8回途中2失点と粘るも負け投手に


時代を代表する右腕が躍動。70年代は平松、80年代遠藤


 過去2年、年明け早々に開幕投手を指名してきたラミレス監督だが、今季は開幕ぎりぎりまで競わせる方針。現状では、今永昇太石田健大ウィーランドの3人から3月中旬に決定する模様だ(濱口遥大は左肩違和感)。仮に昨年の石田“以外”の投手が大役を任されることになると、ベイスターズは2008年の寺原隼人以後、11年間で11人の開幕投手誕生となる。近年の絶対的エース不在を象徴している現象だといえる。

 歴史をヒモ解けば、1980年代は、2年連続で最多勝(83、84年)の遠藤一彦が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング