週刊ベースボールONLINE

時代を変えた若者たち

時代を変えた若者たち 1994年イチロー(オリックス)の場合

 

それまでは一、二軍を行ったり来たりの選手だった。しかし94年、仰木彬監督就任で、登録名をイチローに変更。そこから現在まで、ノンストップの快進撃が始まる。

94年のイチロー。表情があどけない


イチローへの改名から伝説が始まる


 まだ何かを成し遂げたわけではないが、いずれは、必ず何かどでかいことをやってのけるであろう若者たちの特集。ここでは3人の先駆者たちの話だ。まずは1994年に奇跡を起こした男から始めよう。93年まで、登録名・鈴木一朗だった20歳の男だ。愛工大名電高時代、2年夏に外野手、3年春は投手で甲子園出場。投手としてプロ指名があっておかしくない資質はあったが、体が細かったこともあり上位指名はなく、三輪田勝利スカウトの慧眼もあって、オリックスに野手として入団した。ただ、指名は4位。大きな期待をされたわけではない。

 その才能は、決して遅咲きではなく、むしろ早熟。1年目から一軍で40試合に出場し、打率.253。ウエスタンでは首位打者に輝き、ジュニア・オールスターではMVPにも輝いている。さらに、そのオフ、河村健一郎コーチの指導で取り入れたのが、右足をゆったり上げ、揺らす振り子打法だった。イチローの打法は、右打者ルーツの打撃フォームの常識とは違っていたが、ある意味、合理的なものだったようにも思う。左打者として打った後に一塁へ走ることを想定し、長打は出づらいかもしれないが、持ち味であるバットコントロールを最大限に生かせた。

独特の振り子打法でも話題に


 だが、一軍定着かと思われた翌93年は、またも二軍生活のほうが長くなる。一軍では43試合で打率.188。ただし、ウエスタンでは規定打席にこそ達していないが、打率.371、92年から46試合連続安打、93年だけでも30試合連続安打と打ちまくっている。

 この時期の話は、イチローのブレーク後、誇張され過ぎた感もある。一軍に定着できなかったのは、独特の振り子打法が、当時の土井正三監督に異端に映ったこともあったかもしれないが、数少ないチャンスで結果を出せばまた違っていた。

 風向きが変わったのは、そのオフ、土井監督に代わり、仰木彬監督が就任してからだ。現役時代は西鉄の野武士軍団の一員、近鉄監督時代も、野茂英雄ら個性派たちを自在に使いこなした指揮官は、この若者のポテンシャルを認め、登録名を「イチロー」とするよう指示した。同時に「パンチ」となった佐藤和弘は大喜びだったが、イチローの反応は微妙だった。後日、「最初言われたときはまいったなと思いましたね。いまはいいけど30歳を過ぎてイチローというのは、恥ずかしいなって」と話している。

 94年は、開幕からヒットを量産。6月1日に打率トップに立ち、25日には打率4割到達とともに、史上最速60試合目での100安打。「信じられないのでは」の質問には「いいえ、そんなことはないです。積み重ねですから」と言い切った。高い技術だけではない。すでに強い信念を持った男でもあった。その後、打率は一度、4割を切ったが、29日には4打数4安打で、再び4割7厘。4割台は、7月9日の69試合目までキープした。

 以後は記録ラッシュだ。8月26日には日本記録の69試合連続出塁、9月14日の日本ハム戦(東京ドーム)で日本新の192安打、20日のロッテ戦(GS神戸)では、前人未到のシーズン200安打を達成した。

「ようやく出ましたね。これだけ200という数字を言われると、どうしたって意識してしまいますよ。これでやっと楽になりました」

 最終的には年間210安打を放った。打率も.385で、もちろん首位打者だ。86年阪神・バースの.389には届かなかったが、70年東映・張本勲の.383は抜き、パ・リーグ最高打率。20歳11カ月でつかんだタイトルだった。

 その後もイチローは常に挑戦者であり続けている。誰か特定のライバルに向けて、ではない。その時々の“常識”に対してだ。今も復帰したマリナーズで、スポーツ界の常識である年齢による衰えが、単なる先入観に過ぎないことを証明しようとしている。これはもはや、人間の限界に対する挑戦ではないか。さすがイチロー、としか言いようがない。

PROFILE
すずき・いちろう(外野手)●1973年10月22日生まれ。愛知県出身。右投左打。身長180cm、体重71kg。愛工大名電高からドラフト4位で92年にオリックスへ。登録名を「鈴木一朗」から「イチロー」に変更した94年に当時最多の210安打で首位打者に輝き、以降7年連続首位打者。95年には打点王、盗塁王も獲得、翌96年はリーグ連覇、日本一の立役者となり、3年連続でМVPに。2001年にポスティングでマリナーズへ移籍。ヤンキース、マーリンズを経て18年マリナーズ復帰。NPB通算成績951試合、1278安打、118本塁打、529打点、199盗塁、打率.353。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング