週刊ベースボールONLINE

2018年に輝きを放つ若手

広島・高橋昂也インタビュー 輝きを増す新生サウスポー 「とにかく一軍で投げないと何も始まらない。まずは一軍でデビューすることを目標に」

 

セ・リーグ連覇を果たして充実のときを迎えている広島。だが、ここ数年どうしてもクリアできない課題が左腕不足だった。特に先発は、助っ人のジョンソンに頼り切りの状態。しかし今季は、このホープに大ブレークの気配が。開幕先発ローテも見えてきた高橋昂也に現在の心境を聞いた。
取材・構成=吉見淳司、写真=BBM ※成績・記録は3月11日現在


真っすぐの質と制球に好感触


埼玉・花咲徳栄高時代は横浜高・藤平尚真(現楽天)、履正社高・寺島成輝(現ヤクルト)、作新学院高・今井達也(現西武)とともに「高校ビッグ4」と称された。プロ1年目の昨季は一軍デビューはならなかったものの、ファームでは防御率1点台の好成績。じっくりと腕を磨き、いよいよ表舞台で花開こうとしている。

──春季キャンプは2回目でしたが、1年目との違いはありましたか。

高橋昂 1年目は流れがまったく分からず、一から十まで覚えることばかりだったので長くは感じました。今年は短く……というわけじゃないですけど(笑)、慣れることはできました。

──休日はどのように過ごしていたのでしょうか。

高橋昂 インドア派なので……ほとんど出歩かなかったですね。ひたすらに体を休めるような感じで。

──体力的な疲れも。

高橋昂 去年よりはマシですけど、実戦をやっていかないといけないので、少しでも疲れを取りたいと思っていました。

──去年のこの時期は実戦はありませんでしたからね。

高橋昂 2月の中盤から紅白戦や練習試合が始まるので調整などの難しさはありますけど、そこを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング