週刊ベースボールONLINE

ペナントを熱くする男のターゲット

広島・田中広輔 新時代の“鉄人”へ

 

各球団の主役たちは目標を携え、開幕を迎える。記録に挑む者、タイトルを目指す者などさまざまだ。2018年、男たちの決意表明を聞こう。

写真=前島進


 日本プロ野球史を代表する“鉄人”と言えばもちろん、2215試合連続出場の日本記録を持つ、衣笠祥雄(元広島)。その“元祖”鉄人の引退から31年が経った現在のNPBで、一人の赤ヘル戦士が新たなる伝説を築こうとしている。

 セ・リーグ連覇を果たした強豪チームで不動の遊撃に座り、2016年から2年連続フルイニング出場を果たしている田中広輔。球団の遊撃手として、2年連続のフルイニング出場は初の快挙。15年から続く連続フルイニング出場は、昨季終了時点で425試合。遊撃手として阪神鳥谷敬が持つ、667試合も見えてきた。

「こだわりはある。やれるところまで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング