週刊ベースボールONLINE

12球団オープン戦通信簿

12球団オープン戦通信簿 セ・リーグ編

 

3月25日、オープン戦の全日程が終了。いよいよ30日の開幕に向け、待ったなしとなった。ここではオープン戦の結果から公式戦を占うヒントを探していこう。
採点はA〜Dの4段階評価

広島・オープン戦 採点C


昨季15勝の薮田だが、オープン戦は不調。先発ローテから外れる可能性も/写真=佐藤真一


■収穫! 投打で新戦力台頭の気配

 昨季から20代の選手が主力を務める若いチームだが、今季はさらに一軍の平均年齢が下がるかもしれない。投手では高卒2年目の高橋昂が、オープン戦無失点の安定感を披露。開幕先発ローテーションを引き寄せた。高橋昂と同年代のアドゥワもロングリリーフとして経験を積み、スクランブル登板にも対応。貴重な戦力となりそうだ。

 野手では昨季途中に支配下登録されたA.メヒアが、同郷のバティスタが故障離脱する間に豪打を連発したほか、高卒6年目の美間も好守とパンチ力で存在感を見せた。過去2シーズンのリーグ優勝では台頭した新戦力がチームに勢いを与えており、ブレーク候補が控えているのはリーグ3連覇への好材料と言える。

■誤算…… “四球病”の克服は?

 指揮官就任以来、ペナントレースを戦う上で投手力を重視していた緒方孝市監督。しかしオープン戦の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング