週刊ベースボールONLINE

開幕カードリポート

【開幕カード“超”読解】巨人対阪神 伝統の一戦4番勝負 リリーフ陣対決

 

今号で開幕シリーズを斬っていくが、最大の注目カードが巨人阪神だ。お互いに4年ぶりと13年ぶりの優勝を目指す両チーム。開幕先発の大エースに若手野手の成長、強力リリーフ陣に新四番と似た者同士。ここではその4つの対決方式で開幕シリーズ明と暗に迫る。
写真=榎本郁也

コールされるだけで球場の雰囲気を一変させ、試合の流れを一気に引き寄せた上原。巨人に大きな武器が備わった


巨人・上原&澤村で強力布陣へ


 場内の雰囲気が一変した。開幕第2戦の8回表、1点リードの状況で上原浩治の名がコールされると、この日一番の大声援。ドーム中に広がるのは期待感にほかならない。

 上原も結果で応える。復帰初戦は大山悠輔を3球三振で仕留めたのを皮切りに、糸原健斗、代打の高山俊とスプリットを打たせて11球で三者凡退に。翌第3戦でも8回のマウンドに登り、13球で3人斬り。特に最後の打者となった糸井嘉男に対しては7球すべてスプリットを投じ、三ゴロに打ち取ったテクニックはベテランのなせる業だ。

 1敗後の2連勝で、リリーフの起用法も見えてきた。昨季は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング