週刊ベースボールONLINE

開幕カードリポート

【開幕カード“超”読解】巨人対阪神 伝統の一戦4番勝負 若手大砲&四番対決

 

今号で開幕シリーズを斬っていくが、最大の注目カードが巨人阪神だ。お互いに4年ぶりと13年ぶりの優勝を目指す両チーム。開幕先発の大エースに若手野手の成長、強力リリーフ陣に新四番と似た者同士。ここではその4つの対決方式で開幕シリーズ明と暗に迫る。
写真=榎本郁也

岡本和真・覚醒!勝負を決める連日の一発


2夜連続で試合を決める本塁打を放った岡本。期待の若手の一発はチームの雰囲気を一気にハイテンションにさせている


 開幕シリーズの打の大主役といって差し支えないだろう。開幕戦こそ無安打に抑えられたが、翌第2戦は4安打5打点、第3戦は1安打3打点と2試合で8打点を稼ぎ出した。極めつきは2本のホームラン。まずは第2戦、1点リードの8回だ。二死一、二塁で打席に立つと、藤川球児の初球フォークを仕留め、左翼席上段に運ぶ今季第1号の3ランで試合を決定づける。そして第3戦では2点ビハインドの4回一死二、三塁で、秋山拓巳の初球、外角高めのストレートを「外野フライで1点のつもりで」と豪快に左翼席に突き刺した。

 いずれもファーストストライクを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング