週刊ベースボールONLINE

西武スペシャル対談

松沼博久(西武OB)×堀口文宏(あさりど) クロストーク 今年はライオンズイヤーだ!

 

27年ぶりの開幕8連勝と好スタートを切った西武。同記録を達成した1954年、91年はいずれも優勝を果たしていることから、西武ファンも大盛り上がりだ。この強さの要因はどこにあるのか。プロ、ファンの視点で大分析。西武OBの解説者である松沼博久氏とテレビ埼玉『LIONS CHANNEL』MCの堀口文宏氏のクロストークをお届けする。
構成=小林光男、写真=BBM ※成績・情報は4月15日現在


投手陣に好影響の連鎖


堀口 開幕前、いきなりこんなに勝つとはファンでも想像していませんでした(笑)。僕の中ではあわよくば開幕カードの日本ハム戦[札幌ドーム]で3連勝して、次のホーム開幕のソフトバンク戦で1勝1敗。これがベストだ、と。

松沼 プロの視点でも開幕8連勝なんて予想できないですよ(笑)。私もソフトバンクと戦うので最初の5試合を3勝2敗、そして10試合で7勝3敗になれば上出来だと考えていました。

堀口 松沼さんは連勝の要因をどのように考えていますか。

松沼 開幕戦で雄星(菊池雄星)が期待どおりに勝ってくれたことです。続く第2戦の先発・多和田(多和田真三郎)はオープン戦では不調でした。もし雄星が負けたら悪い流れが出来て、それが多和田に悪影響を及ぼした可能性が高いと思います。だけど、雄星がチームを勝利に導いてくれたおかげで、多和田は楽な気持ちでマウンドに上がれた。それもあって6回無失点と好投し、勝利を手に入れることができたと思います。

堀口 確かに。僕の目からも、今年の多和田投手はマウンドで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング