週刊ベースボールONLINE

打つ、走る、つなぐ。最強打線を構築せよ!

最強ラインアップはどれだ!? 歴史を彩った強力打線10選

 

ニックネームがつくのは、それほどのインパクトを残したという証拠だろう。過去20年の変遷に登場したものを含め、個性的なネーミングの打線を編集部が10選。年代をさかのぼる形で紹介していきたい。

【2004】巨人 史上最強打線・大型補強で“四番”がズラリ!



 ヤンキースへ移籍した松井秀喜不在が響き、前年3位に終わった巨人。近鉄を自由契約になっていたタフィ・ローズ、ダイエーからは無償トレードで小久保を獲得した。前年までに入団していた清原和博(前西武)、江藤智(前広島)、ペタジーニ(前ヤクルト)とともに、セ・パ各球団の四番打者が集結するという形となる。すると、ローズ、小久保が期待どおり40発超の活躍を見せるなどして、シーズンにおけるチーム最多本塁打を更新する259本。719打点もリーグトップの数字となった。

 四番の高橋由は故障離脱がありながら最終的に30発、一番の仁志が28発、七番の阿部が33発と、まさにスキのない打線で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング