週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト特集

「超高校級軍団」大阪桐蔭がドラフトも主役!?

 

大阪桐蔭高・西谷監督は今春のセンバツで史上3校目の春連覇へ導いた。PL学園高・中村順司監督と並ぶ歴代最多タイ6度目の優勝となった


 春、夏の甲子園大会にはNPB12球団のスカウトがネット裏に集結する。全員の“目”で「対象選手」の動きをチェックすることが目的だ。担当スカウトが常日ごろから視察しており、“この1試合”ですべての評価が決まるわけではない。だが、大舞台でのパフォーマンス力は判断材料の一つになることは当然、ある。

 開幕前、全国各地に配置されたスカウトが、担当地区の選手をピックアップ。球団内の編成担当はこの提出リストをまとめ、各スカウトへ配布する。この資料を基にして、甲子園のスタンドでは視察が繰り広げられる。伊万里高(佐賀)との初戦を前に、大阪桐蔭高の“様子”を見に行くと、驚きの展開が待っていた。

 ある球団幹部に聞くと、「たくさんいますよ!」と、実に7人が「ドラフト対象」だと明かしてくれたのだ。今春はセンバツが第90回、夏の選手権が第100回の記念大会。各強豪校ともこの“節目”に結果を残そうと、強化を進めてきた背景がある。特に大阪桐蔭高には有力選手がそろい、入学した2016年4月当時から話題の中心となっていた。いつしか周囲は「銀河系軍団」と呼ぶようになり、昨年のセンバツも根尾昂(中堅手、遊撃手兼投手)、山田健太(三塁手)、藤原恭大(中堅手)、中川卓也(一塁手)が中心選手として優勝に貢献。昨夏に続き、3季連続甲子園となった今春は、絶対的なV候補の重圧を跳ね除け、史上3校目のセンバツ連覇。右腕・柿木蓮、左腕・横川凱に加え、好リードと強肩強打が武器の小泉航平もドラフト候補に加わった。2年連続で胴上げ投手の根尾、昨年は2年生ながら侍ジャパンU-18代表に名を連ねた藤原は「上位候補」と言われている。


 過去の同一年度大量指名チームを振り返ると、5人が最多。いずれも大学、社会人であり、高校では4校(中京商高、平安高、崇徳高、日大三高)の4人指名が最多である。今年の大阪桐蔭高は何人がプロ志望届を提出するか、現段階では未定だが、展開次第では大きな可能性が広がる。今夏は史上初となる2度目の春夏連覇(連覇は過去7校)を狙うが、甲子園だけではなく、ドラフトにおいても主役に躍り出るかもしれない。(文=岡本朋祐)

同一年度大量指名チーム一覧


指名時点で既卒、中退、退職の選手は含まない。年度の「二次」は二次ドラフト、自=自由獲得枠、希=希望入団

1977年 法大(東京六) 5人
江川卓/クラウン1位
・金光興二/近鉄1位
袴田英利/ロッテ1位
植松精一/阪神2位
・島本啓次郎/巨人6位・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング