週刊ベースボールONLINE

新時代の二塁手特集

セイバーメトリクス解析「UZR」で見る12球団セカンド比較 巨人・吉川尚は菊池を超えられるか!?

 

新顔も目立つ今シーズンのセカンド。ここでは客観的に守備での働きを計る指標「UZR」を使って、序盤戦の主戦セカンドたちの能力を比較してみたい。
データ解析・文=DELTA、写真=BBM、※データは5月22日時点


序盤戦のUZRは若手が好数値を記録


 UZR(※UZRの説明は下記)は同レベルの守備能力の選手なら長く守備に就いた選手のほうが数字は高くなる。その点を考慮して、守備に就いたイニング数を同等(1200イニング)に換算した推定値でまずは比較してみたい。

 上位は吉川尚輝(巨人)、本多雄一(ソフトバンク)、大城滉二(オリックス)の3人で、吉川尚がやや・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング