週刊ベースボールONLINE

12球団セカンド事情

ヤクルト・チームの顔・山田哲が君臨/12球団セカンド事情

 

過去5年を振り返りつつ、各球団のセカンドの現状について見ていこう。起用人数や選手の入れ替わりなどに、良くも悪くも各球団の思惑が透けている。
※記録、成績は5月27日現在

今のヤクルトで山田哲以外の二塁手は考えられない


 ここ5年は山田哲人が二塁の定位置に君臨する。2014年に13個あった失策数も、以降は1ケタ台に抑えている。リーグ優勝を果たした15年は全試合フルイニング出場し、トリプルスリーを達成した。守備の成績が最も良かったのは16年で、5失策、守備率.993。この年は背中への死球により途中離脱し、谷内亮太奥村展征西浦直亨三輪正義の4選手が二塁守備に就いた。山田哲はこの年、出場試合数こそ減らすも、前人未到の2年連続トリプルスリーを達成した。

 チームは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング