週刊ベースボールONLINE

新時代の二塁手特集

現代MLB二塁手の傾向を探れ!データ化が進むメジャーで攻守に高い能力が求められ出した

 

2001年、マリナーズにイチローが移籍した年にブレッド・ブーン二塁手が打点王に輝いた。極端に言えば、その時代は強打の二塁手か、好守の二塁手に分かれていた。しかし、トラックマンなどでデータ化が進んだ現MLBではそのどちらも兼ね備えた二塁手が必要で、その存在がチーム力を左右するまでになっている。
文=奥田秀樹、写真=Getty Images

ホセ・アルトゥーベ/現在世界最小身長168センチのプロ野球選手でありながら世界最高の二塁手と言われる。4年連続200安打以上を記録しながら本塁打も打て、守備も強肩で俊敏だ


守備位置のシフト化で強肩も必要な要素に


 今何かと話題のアメリカンフットボールで「ローバー」と呼ばれるポジションがある。英語での意味は「さまよう人、放浪者」だが、フットボールでは本来最終列を守るストロングセーフティが最前列の守備ラインの後ろ、ラインバックのエリアまで上がって来たときに言う。

 現地時間4月20日、マリナーズ対レンジャーズの2回裏、実況アナがすっかり興奮していた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング